山之内病院について

山之内病院について、「院長からのごあいさつ」「当院の理念・基本方針・患者さまの権利」 「当院の施設基準」をお知らせいたします。

山之内病院外観写真

院長ごあいさつ

山之内病院院長 武田將伸

山之内病院院長 武田將伸

当院は1957(昭和32年)年7月15日に現在の地に開院して以来、60年間に渡り地域医療を支える柱としての誇りと使命感を持ち、真摯に医療活動を続けてまいりました。

当院は、大学病院から派遣された多くの専門医の先生方のご協力により、内科系疾患を中心に小児科、外科、整形、泌尿器科と幅広い、かつ質の高い外来診療活動を行っております。特に糖尿病(腎症)及び呼吸器疾患の治療においては、地域における重要な役割を担っております。

病床は一般・療養・回復期リハビリ病棟を併せ持つケアミックス型の病院です。当院を利用される患者さまの多くは、急性期を脱した、あるいは慢性期疾患が増悪した、いわゆる亜急性期の方ですが、多様な病態の急性期の患者さまの入院加療も積極的に受け入れております。

当院は、当地区で唯一透析導入を行っている病院です。外来維持透析から通院困難な患者さまの入院透析も対応しております。

一方、予防医学の中核を成す健診センターにて、地域の皆さま、事業所の皆さまを対象に人間ドック、脳ドック、特定検診等を行っております。

今後、益々需要が増大していく介護の分野では、居宅介護支援事業所:いずみと介護老人保健施設:ケアセンターかずさと連携し、医療と介護の橋渡しがスムーズに行えるよう、法人として体制を整えております。時の流れ、医療ニーズの変化に、常に柔軟に対応してまいります。

千葉県は地域住民の方々が安心して暮らせるよう、地域医療構想会議を開催し、自治体や医師会の意見を取り入れつつ、医療体制整備を進めております。各医療機関がそれぞれの役割を果たし、連携していくことが地域医療の充実に繋がります。当院としては、地域かかりつけ医、ケアマネージャーと連携して在宅患者さまの入院診療を積極的に受け入れ、治療後、在宅に戻れるよう機能回復の訓練、介護受け入れ体制を整える亜急性期、回復期の患者さまへの対応を専一に、その役割を担ってまいります。

また、地域の皆さま、患者さまむけに各種教室を開催し、開かれた病院を目指してまいります。

これからも地域の皆さまに寄り添い、ともに歩む、地域に信頼される病院でありつづけたいと考えます。


院長略歴・所属学会

平成3年3月 群馬大学医学部医学科
平成3年5月 東京女子医科大学第三内科(糖尿病センター)入局
平成13年11月 学位取得(東京女子医科大学
平成14年4月 山之内病院内科勤務
所属学会
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医
  • 日本透析医学会認定透析専門医
  • 日本人間ドック学会認定医
  • ICD協議会認定インフェクションコントロール・ドクター
  • 日本医師会認定産業医

当院の理念・基本方針・患者さまの権利

理念

『仁・智による信頼の医療』

医療人として常に「見る・聞く・伝える事」「人間性の向上」
を心掛け、「思いやる心、持てる力」を惜しみなく提供し、
「協調と責任ある行動」、「整理・整頓・清潔」を実践し、
かつ「生命の尊重」と「安全で公正」な医療を提供し、
信頼関係の向上、行動の効率を高めます。

自らの経験を蓄積し、医療人としてさまざまな分野の研鑽に
励み、医学と医療の発展に貢献します。

基本方針

  1. 良質で安全な医療を患者さまに提供できるよう知識の習得、技術の研鑽に努力する。
  2. 患者さまの権利を尊重し、分かりやすく説明し、同意を得患者さまが満足する医療を行なうよう努力する。
  3. 常に患者さまの立場で考え、誇りある医療従事者となるよう努力する。
  4. チーム医療の一員として共に協調し、信頼される医療を実践する。
  5. これらの医療を実践する為、無駄をはぶき、効率を考え、病院経営の安定化に努力する。

院長 武田將伸

患者さまの権利

1.基本方針

患者さまは、個人の背景の違いや病気の性質にかかわらず、良質で安全な治療をうける権利を有します。

2.自らの意思で選択する権利

患者さまは、治療を選択する権利、あるいは拒否する権利を有します。

3.十分な説明と情報を得る権利

患者さまは、自己の医療に関して、自らが理解できる言葉で、診断、治療、および予測される経過に関し、すべての情報を得る権利を有します。
また、他院を含め他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利を有します。

4.プライバシーが守られる権利

患者さまは、自己の医療に関する記録、個人情報やプライバシーについて保護される権利を有します。

院長 武田將伸

当院の施設基準

当院の施設基準

1.当院看護体制について

  • 2階の一般病棟は「一般病棟入院基本料13対1」の届出をしており、日勤・夜勤あわせて1日10人以上の看護職員がおります。 「看護補助加算2」の届出をしており入院患者さま6人に対して1人以上の看護補助職員がおります。
  • 3階の療養病棟は「療養病棟入院基本料2」を届出しており日勤・夜勤あわせて入院患者さま5人に対して1人以上の看護職員と入院患者さま5人に対して1人以上の看護補助職員がおります。
  • ご入院の際に医師をはじめとする関係職種が共同して、患者さまに関する診療計画を策定し、7日以内に文書にしてお渡ししております。
  • 院内感染防止のために委員会を設置し、各病室に、消毒液等を設置する対応策を講じております。
  • 医療事故防止のために委員会を設置し、安全な医療を提供できるよう努めています。
  • 褥瘡対策チーム及び委員会を設置し、褥瘡のある患者さま及び褥瘡が発生するおそれのある患者さまに対して褥瘡診療計画を立て、褥瘡に対する診療を行っております。
  • 栄養管理サポートチームを設置し、個々の状態にあわせた栄養管理を実施しております。

2.入院時食事療養について

  • 「入院時食事療養費(Ⅰ)」の届出をしており、管理栄養士により特別管理された食事を適時(夕食については18:00) 適温で患者さまに提供しております。

3.届出施設基準

  • 地域一般入院料2
  • 療養病棟入院料2
  • 回復期リハビリテーション入院料6
  • 救急医療管理加算
  • CT撮影及びMRI撮影料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 外来リハビリテーション診療料
  • 時間内歩行試験
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 小児食物アレルギー負荷試験
  • 透析液水質確保加算
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 人工腎臓 慢性維持透析を行った場合1
  • 導入期加算2及び腎代替療法実績加算
  • 慢性維持透析濾過加算
  • がん治療連携指導料
  • 患者サポート体制充実加算
  • 入退院支援加算2
  • 夜間75対1看護補助加算
  • 感染防止対策加算2

※2018.04.01改定

院長 武田將伸


Get Acrobat ReaderPDF形式のファイルを読むにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。