当院の概要

山之内病院の概要です。

山之内病院外観写真

概要

所在地 千葉県茂原市町保3番地
TEL:0475-25-1131(代表) FAX:0475-24-5645
開設者 武田 從信
病院名称 医療法人社団 上総会 山之内病院
病院長 武田 將伸
病院開院日 昭和32年7月15日
診療科目 内科、糖尿内科、呼吸器科、神経内科、消化器内科、循環器科、腎臓内科、内科(肝臓外来)、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、婦人科、リハビリテーション科、眼科、健診センター(人間ドック)、透析センター
病床数 137床(一般45床・療養54床・回復期20床・地域包括ケア18床)
関連施設

沿革

 

昭和32年7月 医療法人上総会武田病院付属山乃内病院として病床数23床(結核7床、一般16床)で開設。
昭和36年7月 病棟29床を増設(結核31床、一般21床)。
昭和38年6月 木造2階造り診療棟・病棟増設51床(結核31床、一般72床)。
昭和41年1月 租税特別措置法第67条第1項の適用にて「特定医療法人社団上総会 山之内病院」に名称変更。
昭和49年10月 結核患者の急減のため結核病床(31床)廃止。一般病床(28床)増設、合計79床となる。同時に身体障害者福祉法第19条の2の更生医療指定医療機関となり人工腎臓による血液透析を開始する。
昭和52年10月 血液透析棟増築、合計16床。
昭和54年4月 本館診療病棟96床の増設を完了し使用開始。総病床数147床。同時に地域の要望に応えリハビリテーション棟を増設。
昭和60年5月 新本館・診療棟・病棟43床の増設を完了し使用開始。総病床数は158床(内人間ドック宿泊室10床)。
平成6年2月 リハビリ・病棟改築(患者環境改善施設整備事業国庫補助の助成)により施設環境拡充のため142床(療養型病床40床、一般病床102床)に減床。
平成8年2月 療養型病床42床へ増床、一般病床100床に減床(他、血液透析43床)。
平成12年6月 介護保険法施行に伴い関連施設 介護老人保健施設 ケアセンターかずさを開設。
平成13年10月 関連施設 いずみ居宅介護支援事業所を開設。
平成14年1月 療養型病床52床へ増床、一般病床90床に減床(他、血液透析49床)。
平成16年8月 外来診療棟改築 患者のプライバシー保護のため中待合室をなくした。
平成17年9月 療養型病床54床へ増床、一般病床88床に減床。総病床数142床。
平成26年10月 回復期病床20床新設に伴い、一般病床を63床へ減床。総病床数137床。
平成29年4月 ちば地域リハ・パートナーに指定。
日本糖尿病学会認定教育施設Ⅱに認定。
院内保育園 たけのこ保育園を開設。

医療法人上総会の行動計画

職員が仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるよう、以下の行動計画を策定する。

1.計画期間

平成31年4月1日~令和3年3月31日までの3年間

2.内容

目標1

職員からの要望に対応するため、院内保育園の定員を増やし、新たな保育形態を導入し、より多くの職員の子育て支援を図る。

対策

平成31年3月~

  • 院内保育園たけのこ保育園の定員増を実施。
    通常保育 改定前 7名 ⇒ 改定後 9名
    病児保育 改定前 3名 ⇒ 改定後 5名
  • 新たな保育形態の導入。(余裕活用型預かり保育)

目標2

令和2年3月31日までに、所定外労働時間の削減、有給休暇(5日以上/年)の完全取得を目標とし、就業規則の改定を行い、院内へ働き方改革の制度を導入する。

対策

平成31年1月~

  • 『働き方改革関連法』の施行に向けて、社会保険労務士指導のもとに、就業規則の見直しの検討開始。

平成31年2~3月

  • 社会保険労務士による『働き方改革と就業規則の改定』について、職員を対象としたセミナーを3回実施し、就業規則へのフィードバックを図る。

平成31年4月~

  • 就業規則の施行。
    有給休暇(5日以上/年)の完全取得の実現に向け、個人台帳管理制度を実施。
    医師を含む、短時間労働者の雇用促進。

平成31年4月1日


Get Acrobat ReaderPDF形式のファイルを読むにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。