介護老人保健施設
ケアセンター かずさについて

ケアセンターかずさについて、お知らせいたします。

理事長ごあいさつ

ケアセンターかずさ理事長 武田從信

ケアセンターかずさ理事長 武田從信

介護保険制度は平成9年に制定され、平成12年4月より施行されました。この制度は、要介護状態になった場合でも、できるだけ住み慣れた家庭、地域で生活を営むことができるよう、社会的に支援していくことです。このためにいろいろな施設ができました。

法律できちんと定められた公的な施設として、要介護者向けに特別養護老人ホーム(簡略して特養と呼ばれる)、介護老人保健施設(簡略して老健)、介護療養病床、介護医療院があります。また自立したシニア向けにはケアハウス(軽費老人ホーム)があります。

民間施設としては、要介護者向けに介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、自立したシニア向けにサービス付き高齢者向け住宅(俗称サコ住)、シニア向け分譲マンション、健康型有料老人ホーム等がつくられております。

私たち医療法人社団上総会は病院機能を担う山之内病院を中核として、院内に脳血管障害や骨折後の自立を目指し、リハビリテーションを積極的に行う回復期リハ病棟や、自立が困難になり長期に渡り医療と介護が必要な人たちのために(医療型)介護療養病床を設け、院外には自立や家庭復帰を目指せる人たちの介護老人保健施設(簡略に老健)として『ケアセンターかずさ』を運営し、地域のために役立てるよう努力しております。

老健施設の役割は、介護が必要な高齢者の自立を支援家庭(老健施設を含む)への復帰を目指す医師による医学的管理のもとで、看護、介護を行いリハビリ療法士(理学療法士、作業療法士)などによるリハビリテーション栄養士管理のもとで行う食事、栄養管理介護職員による食事、入浴、その他日常的介護サービスを行い、一人一人の状態、目標に合わせて医師をはじめ、専門スタッフが行い、夜間でも安心できる態勢をとっております。

ケアセンターの理念は、利用者の意見を尊重し、包括的ケアサービス施設として、屋上に掲げたロゴのもと、望ましい在宅または施設で過ごせるようチームで支援することであり、これに向かってできるだけのことをしたいとスタッフ一同頑張っております。

理事長略歴

昭和33年3月
千葉大学医学部 卒業
昭和34年4月
千葉大学医学部附属病院第一内科 入局
昭和38年3月
学位取得(千葉大学大学院医学科)
昭和49年4月
医療法人社団上総会 山之内病院 勤務
昭和58年1月
医療法人社団上総会 理事長就任
平成16年6月
医療法人社団上総会 山之内病院 病院長就任
平成28年6月
医療法人社団上総会 武田医院 院長就任
平成28年6月
医療法人社団上総会
介護老人保健施設ケアセンターかずさ 施設長就任

理念・基本方針

介護老人保健施設ケアセンターかずさ

良質で、心のこもったケアとリハビリテーションを供給し、地域の福祉に貢献します。
利用者様に「生きる喜び」を感じていただけるよう、明るく家庭的な雰囲気の中で、
利用者様の尊厳を守り、安全に配慮し、
常に利用者様の立場に立って、サービスの提供に努めます。

季刊誌『かずさだより』

かずさだより「第32号」をお送りいたします。
皆様からのご意見やご要望、ご感想をお待ちしております。

バックナンバー

採用情報

介護老人保健施設ケアセンターかずさでは、業務を充実させるためにスタッフを募集しています。

募集職種

介護職
  • パート
    外部サイト【ハローワークインターネットサービス】に移動します。

介護福祉士
  • 正職員
    外部サイト【ハローワークインターネットサービス】に移動します。

作業療法士・理学療法士

看護師


Get Acrobat ReaderPDF形式のファイルを読むにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。