回復期リハビリテーション病棟について

山之内病院の回復期リハビリテーション病棟に関する案内です。

回復期リハビリテーション病棟
リハビリテーション科総合案内
リハビリテーション科の主な療法
回復期リハビリテーションとは?

回復期リハビリテーション病棟とは?

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さまに対して、多くの専門職種がチームを組み、集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

これらの患者さまに対し、寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなど「日常生活動作(ADL)」への、チームの積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援してまいります。まずは病院の医師やソーシャルワーカーにご相談ください。

入院生活のポイント

入院生活のポイント

1人の患者さまに関わるチーム構成

チームでリハビリテーション・ケアを行います

 

入院生活の流れ

入院生活の流れ

A様のある一日

A様のある一日

当院は「ちば地域リハパートナー」指定施設です

千葉県PRマスコット
キャラクター
チーバくん

障害をお持ちの患者さまや、ご高齢の患者さまを含め、地域に暮らすすべての皆さまが、いつまでもいきいきとした生活を送ることができるように、リハビリテーションの視点から、保健・医療・福祉等の連携により、支援の輪が広がっております。当院もその一端を担うことで、地域の皆さまの笑顔に貢献いたします。

「ちば地域リハ・パートナー」についての詳細はこちら


リハビリテーション科総合案内
リハビリテーション科の主な療法
回復期リハビリテーションとは?

Get Acrobat ReaderPDF形式のファイルを読むにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。